「新春 仏画を描こう」開催しました。

1/30(土)「新春 仏画を描こう 」講座を開催しました。
講師に仏絵師、表具師などとして活躍され、アトリエ霽月(せいげつ)を主催されている野津寿子さんをお迎えして、描く写経でもある写仏の奥深い世界を体験していただきました。

写仏を体験する前に、まず瞑想からスタート。
目を閉じて、深い呼吸を繰り返します。

IMG_1200

瞑想というと、「頭をからっぽにしなければ」と思いがちですが、考え事が頭に浮かんでもいいのだとか。
それが浮かんでは消え、浮かんでは消え…と繰り返すのを感じていくのだそうです。
この時流れていたのは、マントラという波動を持つ言葉にメロディをつけた音楽。
とても静謐な時間が流れます。

瞑想の後、いよいよ写仏がスタート。
まずはみなさん同じ仏画を写していきます。
1番シンプルで描きやすいものなんだそう。

IMG_1202

墨汁を面相筆という細い筆につけ、慎重に写していきます。

IMG_1210

どこから描いてもいいとのことでしたが、右利きの人は左上から描いていくと手が汚れず、紙も汚れることがないとのことでした。
そんな中でも仏様の顔を最後に書く方が多かったような。
みなさん集中して作業に没頭されていました。
同じ仏画を写していても、線の太さや微妙なニュアンスで、写し上がりは全然違うもの。
世界に一つの写仏画です。
一つ目の写仏が終わると、みなさん二枚目に挑戦。
先生が様々な種類の下絵を持ってきてくださっていたので、ほとんどの方が一枚目とは違う仏絵で挑戦されていました。
難易度もぐっとアップ。複雑な模様の下絵もたくさんありました。

IMG_1231

そんな中、野津先生はしきりに「みなさんとても上手、初めてとは思えない」とおっしゃっていました。
今回の参加者のみなさんは、全員写仏初体験とのことだったのですが、繊細な作業に黙々と取り組んでおられました。
出来上がりもとても立派!

IMG_1245

IMG_1244

中には三枚目に挑戦される方も。
新たな年の初めにふさわしく、厳かで、日常の慌ただしさから離れた、とても贅沢な時間でした。

ご参加頂きましたみなさま、講師の野津さん、ギャラリーシルクロさん、素敵な時間をありがとうございました。
ギャラリー・シルクロでは、今回講師をしていただいた野津寿子さんの個展が開催中です。2月7日(日)までとのことですが、思わず背筋が伸びるような、前に立つだけでパワーがもらえるような、そんな作品ばかりですので、みなさまぜひ訪れてみてくださいね。

ギャラリー・シルクロ 佐賀県佐賀市松原2丁目13-19 2F (佐嘉神社北)
<野津寿子仏画展>
1/27(水)~2/7(日) 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
月曜火曜は休廊日
野津さん在廊日 1/27, 30, 31,  2/7